クレジット現金化即日比較おすすめ

クレジット現金化即日比較 – おすすめ人気業者なら

クレジット現金化即日比較

クレジットカード現金化の問題点と、利用する際に気を付けることとは

読了までの目安時間:約 3分

 

最近広告などでもちらほら耳にするクレジットカードの現金化ですが、そもそもどんなものか知っていますか?多くの人が興味関心がありながらも、正直その仕組みがあまり知られていなかったり、また何が問題なのかを知らない人もいます。

 

まずクレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠とあります。普段よく利用するのはショッピング枠という人が圧倒的に多く、これは買い物をする時や飲食をするときに提示して、料金を後払いするというものです。一方のキャッシング枠というのは、クレジットカードをATMに入れることで、現金を即借りることができることです。どちらもクレジットカードを作るときに、ショッピング枠、キャッシング枠として利用額の上限を決めているものです。

 

今話題になっているクレジットカードの現金化ですが、これはショッピング枠を利用して現金を得る方法です。例えば、何かしら買い物をしてそのお金を現金に当てるという方法です。

 

他の方法としては、何かを購入した見返りとして、キャッシュバックやポイント還元という方法でお金を得ることができます。そもそもなぜクレジットカードの現金化が問題になっているかといえば、その利息の高さにあります。たしかに業者によっては悪徳な金利を提示しているところもありますが、すべてがそうだとは限りません。中には常識の範囲内で利息を取っている業者もあるものです。そのため、一概にクレジットカードの現金がダメとは言えません。

 

商品を購入して現金を得るという現金化の方法は、割とトラブルが起こりやすくです。一方、キャッシュバックやポイント還元という方法であれば、トラブルになりにくいのが特徴です。トラブル回避を第一に考えるのであれば、何か品物を購入して現金を得るのではなく、ポイント還元やキャッシュバックの特典を利用するほうがよさそうです。

 

トラブルも多く発生しているクレジットカードの現金化ですが、利用方法を節度を守ればとても便利でもあります。また、人によっては急に現金が必要になるケースもあります。そんなときにクレジットカードを現金化することができれば、助かる人もいるはずです。自分自身がきちんと使用方法を守ることで、クレジットカードの現金かも便利に使用することができるはずです。節度を守って、やみくもに使用するのだけは気を付けましょう。手持ちのクレジットカードを便利に、さらに活用することができるかもしれません。

クレジットカード現金化の手順

読了までの目安時間:約 3分

 

クレジットカードは、非常に便利なものです。
クレジットカードを入手するためには厳しい審査を通過する必要がありますが、いざ持ってしまえば様々な使い方が可能です。一般的には「購入額の後払い」のために使われるクレジットカードですが、少し変わった使い方として「クレジットカード現金化」という行為があります。
クレジットカード現金化とは、クレジットカードに設定されたショッピング枠を現金化する行為を指します。各クレジットカードにはショッピング枠として後払い可能な額の上限が定められていますが、クレジットカード現金化はそれを有効活用する行為なのです。
一般的に、クレジットカード現金化は以下の手順で実行されます。

手順1:クレジットカードを利用して換金率の高い商品を購入

まずは普通のクレジットカードを使った買い物同様、商品を購入します。ここで注意したいのが、「換金率」です。
換金率とは、「購入額に対してどのくらいの割合で中古品として売却できるか」を表すパーセンテージです。中古品として売る以上は必ず売却額が購入額を下回りますから、換金率の最大値は100%です(100%はあり得ませんが)。
後述する現金化専門業者を通す場合、換金率は80%程度が上限とされています。自力で転売する場合にも、換金率として80%程度を目指したいものです。
つまりクレジットカード現金化にあたっては、まず「換金率」をリサーチする必要があります。インターネット上に溢れた情報の中から「換金」「転売」「中古価格」に関する情報を収集し、換金率の高い商品を狙いましょう。

手順2:購入した商品を未使用のまま売却

クレジットカードを利用して商品を購入したら、それをすぐさま転売します。未使用の新品同様の状態で転売すれば、換金率は高くなります。
買い取り業者の中には、「クレジットカード現金化専門業者」も存在します。そのような業者を利用する場合、以下の条件を満たせば速やかな売却が可能です。

・専門業者が古物商の資格を持っている
・同じ業者で購入と売却が可能

もし上記の条件を満たしていなくても、専門業者を通じて購入・売却を実行すれば速やかに手続きが済みます。

手順3:売却額が振り込まれるので、それを現金化

購入・売却が済めば、あとは指定口座に振り込まれた売却額分を現金化するだけです。これで、クレジットカード現金化が完了です。
この行為の最大のメリットは、「無審査で現金が手に入る」という事です。クレジットカードを入手するためには厳しい審査を通過する必要がありますが、いざ持ってしまえば速やかにかつ容易に現金が手に入るのです。

クレジットカードの現金化の新しい形式

読了までの目安時間:約 4分

 

クレジットカードの現金化と言えば、従来はキャッシュバック方式が主流でした。

 

この方式はショッピング枠を使って何か商品を購入し、その商品の購入特典として何%かのキャッシュバックを受けるという仕組みでしたが、最近”買い取り方式”の業者も増えてきました。

 

この買い取り方式とは、その業者で商品を販売するようなことはせず、特定の商品を高額で買い取ってくれる仕組みです。要は型番などが指定されている商品を自分でクレジットカードを使って購入してくると、それを掲示価格で買い取りということです。

 

よって、自分でどこかで該当する商品を購入してくる必要があります。大抵の場合は人気のある高額な電化製品やブランド品で、型番まで厳密に指定されています。それと全く同じ物を購入し、現金化業者まで発送、もしくは直接店頭に持って行きます。発送の場合はその後に口座まで振り込みで、店頭に持ち込んだ場合はその場で現金になります。

 

注意点としては、必ず指定された品物を購入するという点です。例えば色違いなどでは買い取ってもらえなかったり、掲示価格より安くなってしまうことがあるので注意してください。どうしてもその商品が見付からない場合はその業者まで連絡をすると、違う商品を紹介してくれることがあります。

 

買い取り金額は実際に商品の購入に使用した金額の70~80%程度になると考えておいてください。これは実勢価格を元にした数字で、例えば定価ベースで30万円の商品でも、実際には24万円程度で購入できる場合、その24万円の70~80%程度の17~19万円くらいで買い取ってもらえるということになります。

 

安く購入できればその分実質的な換金率が上がるので、少しでもその商品が安いお店を探す努力も必要になります。特に電化製品の場合は安売り店が多いので、値切り交渉を行ってお得に購入することも考えてみましょう。

 

もう1つの注意点は、買い取り価格は常に流動しているという点です。1週間前にその現金化業者で10万円と掲示されていた商品も、その日にその価格で買い取ってもらえるとは限りません。

 

その為、実際に商品を購入して発送、または持ち込む日には必ず連絡をして価格を確認しておきましょう。発送の場合は発送した日を元にしてくれることがほとんどなので、その日に確認しておけば問題ありません。

この買い取り方式では単に購入した商品を買い取りに出しているだけなので、キャッシュバック方式と比べて現金化におけるグレーな点が少ないということと、自分でカードを使うので、余計な心配がないという点が挙げられます。キャッシュバック方式には不安がある場合、この買い取り方式を行っている業者を利用してみてはどうでしょうか。

クレジットカードの現金化は専門業者で行いましょう

読了までの目安時間:約 4分

 

クレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠があります。

 

このうち、キャッシング枠はその名前の通り、現金の借入れに利用できる枠で、その分までコンビニなどのATMからそのままお金を引き出せます。

ですが、クレジットカードは元々ショッピングの為に利用するものなので、このキャッシング枠はショッピング枠の中に存在し、その分が別に確保されているという性質ではありません。例えば50万円のショッピング枠の中に20万円のキャッシング枠があった場合、50万円全部をショッピングで利用してしまうと、キャッシングを行うことはできません。

 

また、キャッシング枠はそれほど多くはない場合がほとんどです。ショッピング枠が100万円以上あった場合でも、そのうちのキャッシング枠は30万円程度です。

このショッピング枠も現金の借入れに利用するのが、クレジットカードの現金化です。

 

これはやろうと思えば個人で行うことも可能で、例えば換金性の高い品物をクレジットカードで購入し、それを売却するといった方法があります。しかし、それはおすすめできません。

 

その理由として、換金性の高い金券の類はクレジットカードでは購入できないことがほとんどで、購入できたとしても、その購入履歴がクレジットカード会社に残ってしまい、換金行為をしていると勘ぐられてしまうからです。場合によってはクレジットカード自体を停止させられてしまう場合もあるので、個人で現金化行為を行うのはやめておいた方が無難です。
金券以外の商品で行うという手もありますが、そちらも換金率の関係からやめておいた方がいいでしょう。

 

そこで、現金化専門業者の利用をおすすめします。

 

そのような業者では、クレジットカードで特定の商品を購入すると、その購入特典としてキャッシュバックの現金を振り込むといった形で現金化を行っています。
その為、実際に商品を購入する必要がありますが、その商品自体は100円かそこらの価値しかない品物で、その商品を購入した特典としてのキャッシュバックを行う為に形式的に発送されてくるだけです。

問題はそのキャッシュバック率ですが、商品の購入に利用した金額の80%程度が上限だと思っておいてください。業者によっては95%などという数字を掲げている場合もありますが、そこから色々な経費などが差し引かれて、実際に振り込まれる金額は80%以下になります。これには注意してください。

 

業者によっては平日であれば即日振り込みを行っていたり、利用金額が大きくなるほどキャッシュバック率も上がる場合もあります。利用の前に、そういった条件面も確認しておきましょう。

実際に振り込まれる金額と利用した金額の差額こそ自分で負担しないといけませんが、それは手数料だと考えるしかありません。ショッピング枠を安全に、そして確実に現金化したい場合には、このような現金化業者の利用が一番です。

クレジットカード現金化は自分でするのか、業者を利用するのか

読了までの目安時間:約 3分

 

クレジットカードのショッピング枠を利用して現金を手に入れる方法がありますが、自分でクレジットカードで換金性の高い商品や金券類を購入して、金券ショップなどに持ち込む方法とクレジットカード現金化業者を利用する方法に大きく分かれます。どちらの方法でもメリットとデメリットがありますが、最近の傾向ではクレジットカード現金化業者を利用する方法が主流になってきているようです。

 

クレジットカード現金化は違法性を問われる可能性はゼロではありませんが、現状の法律体系ではクレジットカードの保有者が摘発を受ける可能性はかなり低いと言ってもいいでしょう。

 

しかし、クレジットカード現金化のリスクはそれだけではなく、クレジットカード会社にクレジットカード現金化の事実がバレてしまうことも大きなリスクと言えます。

 

クレジットカード会社にクレジットカード現金化がバレれば、クレジットカードの利用停止や全額即時返済、クレジットカードを新しく作ることが出来ないなどの事態を引き起こしてしまいます。人によってはクレジットカード会社にバレるリスクのほうが高いかもしれません。

 

自分でクレジットカード現金化をすると、クレジットカード会社にバレやすい状況にあります。

 

クレジットカード会社にとってはクレジットカード現金化はリスクになりますから、かなり詳細に目を光らせています。

 

例えば、換金性の高い商品を大量に購入したりすれば、バレてしまうことは確実です。それに、クレジットカード現金化をする人はクレジットカードのキャシング枠はクレジットカード現金化をする前に使ってしまいますから、キャシング枠の利用限度額いっぱいに使ってしまいっている人はクレジットカード現金化をする可能性が高い高リスクの顧客としてピックアップされている可能性が高いです。

 

一方でクレジットカード現金化業者を利用すれば、クレジットカード会社にバレにくいシステムになっています。それは、クレジットカード現金化業者を利用すれば、どのような商品を購入したのかクレジットカード会社にわかりにくいからです。クレジットカード現金化業者はクレジットカード会社の間にクレジットカードの決済会社が入るからです。

 

もちろん、クレジットカード現金化業者は悪徳業者もありますし、自分で実行するクレジットカード現金化に比べると換金率が低くなってしまう可能性が高くなるデメリットがありますが、それよりもクレジットカード会社にバレにくいというメリットもあるのです。

クレジットカードの現金化

読了までの目安時間:約 3分

 

クレジットカードにはもともとキャッシング枠とローン枠がありますが、契約者の信用状況によってはローン枠が提供されていない場合や、未成年のクレジットカード契約においてはそもそもローン契約自体が提供されていないことがほとんどです。

ただし、クレジットカードは持っているものの、お金の借り入れができない状況で、でもすぐにお金が必要なことなどは場合によっては起こりえることでしょう。

そんな時に使える方法がクレジットカードの現金化です。これは、ローン枠を利用するのではなく、キャッシング枠を利用してものを購入して転売をすると言う方法です。この方法使えば、実際にものを購入したときの金額と同額を受け取ることがほぼできませんが、すぐに現金を用意することができます。

方法はいたって簡単です。1つはクレジットカード現金化でインターネット検索をすると専門の業者がいくつも出てきます。その業者にクレジットカードの情報を伝えて決済をしてもらい、その決済で入ってくる業者側位の利益の1部を手数料としてマイナスを指定口座に振り込んでもらうという方法です。

もう一つは、クレジットカードを利用して商品券や新幹線の切符などを購入し、街中のチケット売買の専門業者転売すると言う方法です。商品券等であればある程度還元率も高く設定されていますし、発展した考え方ですと、サッカーなどの人気試合や有名芸能人のコンサートのチケットなどを購入することができれば、その人気度合いに応じて金額を釣り上げて販売することもできます。

ただし、注意しておきたいことがいくつかあります。まず1つ目はクレジットカードのキャッシング枠を使った現金化は、クレジットカードの提供事業者より禁止されている事項なので、まず現金化をしたと言うことを公言しないことです。

2つ目が、商品券であれば問題は無いのですが、先述した人気試合のチケットやコンサートのチケットと言うのは、その提供本より現場入る金額を釣り上げて販売する行為を禁止している場合がほとんどで、場合によってはそのチケットでは入場できない(購入者の本人確認書類とセット提示が必要な場合があります)ことがありますので、そのチケットを転売して後からトラブルになることがないかどうかと言うことを事前に確認しておく必要があります。この確認を怠ると、購入者から、転売事実を摘発されてしまう恐れがあるため、自己保身の為にも必ずチェックをするようにしましょう。

効率を重視するクレジットカード現金化

読了までの目安時間:約 3分

 

クレジットカードのショッピング枠を現金に出来るいわゆるクレジットカード現金化という方法がありますが、様々な方法があるのでその効率も千差万別です。

 

ショッピング枠と言えどもクレジットカードを使用していることになるので、効率の悪い方法では結果的に損をしてしまうことになります。ショッピング枠を現金に変えるには少なからず利用枠よりもディスカウントされた現金になってしまうので仕方の無いことなのですが、より効率の良い方法を選ぶことで手にする現金も出来る限り多いものになります。ここではこうしたクレジットカード現金化の効率について見ていきましょう。

 

まず条件として挙げられるのが換金率です。食品や劣化の早いものなどはクレジットカードで購入しても換金時に大幅にディスカウントされる、もしくは換金すら出来ないということもありえますが、貴金属や金券などの場合には効率性を重視すればより換金率を上げることが可能です。そして換金率と同時に大切なのは換金が容易かという点も大切です。いくら換金率が高くても近くに換金出来る店が無い、または換金を行う業者自体が存在しないとなれば換金の手間は大幅に増えてしまいます。自分でそうしたルートが無い方の場合には換金率が高い、また換金が容易という二点を満たすものを選ぶ必要があります。

 

こうした手間は非常に難しいものですが、いっそのことプロの業者に依頼するというのも手です。業者に依頼する際には手数料など業者側の取り分が発生するので、利用をためらってしまう方も多いですが、クレジットカード現金化を専門に行う業者ならば換金率の高い商品やその処理ルートをしっかりと持っているので、個人が行うよりもはるかに効率よく現金化することが出来ます。

 

多少の手数料などは問題にならないほど手にできる現金が増えることも多いので、見よう見まねでクレジットカード現金化を行うよりもはるかに簡単で割の良いものと言えます。

 

こうしたクレジットカード現金化ですが、さらに気をつけるべきなのは業者ごとの換金率の差です。

 

クレジットカード現金化の業者と言ってもネット上には様々なサイトがありますが、これらは換金率や手数料など様々な点で異なります。当然換金率が高く手数料が少ない業者、つまり最終的に手にできる現金が多い業者が利用者にとっての優良業者なのですが、利用金額や振込みに利用する銀行など、貴方の条件によって優良な業者は異なるので、ぜひ最高のパフォーマンスとなる業者をお選び下さい。

クレジットカード現金化に関することについて

読了までの目安時間:約 3分

 

まず、クレジットカード利用するにあたっての心構えについて、触れておきます。
1.利用は必要に応じて行うー商品の購入やサービスの提供を受けるための支払い手段はクレジットに限られたものではありません。
購入しようとする商品やサービスが自分にとって必要なものなのかを考えるとともに、クレジットを利用する必要があるかを考えることです。
2.支払計画を立てるークレジットは商品代等の代金は必ず後で支払わなければなりません。利用に先立ち、収入や必要な支出を考えて無理のない支払い計画を立てることです。
3.条件を比較するーたくさんのクレジット会社があり、クレジットカードもいろいろな種類のものが発行されています。
手数料や支払い期間、支払い方式など材料はいろいろありますが、十分に条件を比較検討したうえで選ぶことです。
4.契約内容の確認ークレジットは契約です。契約には責任が伴います。契約内容の確認を怠ったために起こるトラブルも少なくありません。クレジットの申し込み書やクレジットカードの会員規約、カードを利用する際の伝票には必ず目を通し、契約内容を確認することです。
・クレジットカードショッピング枠の現金化とは?ークレジットカードには、商品やサービスを購入し、後払いにする「ショッピング」の機能と、お金を借り入れる「キャッシング」の機能があり、それぞれに利用できる金額が設定されています。
「クレジットカードショッピング枠の現金化」とは、本来、商品やサービスを後払いにするために設定されている「ショッピング」の利用可能枠を換金する目的で利用することです。
クレジットカード会社はこれらの行為を認めていません。絶対行わないことです。
最近、インターネットや新聞・雑誌等で「クレジットカードのショッピング枠を現金化します」などという広告が掲載されていることがあります。これらは、一部の業者が当座の資金に困ったカード利用者に、ショッピング枠を現金化するように勧誘するものです。
「換金目的でカードを利用することは、「クレジットカード会員規約」に違反する行為で、カードの利用ができなくなったり、結局は自分の債務を増やすことになります。
また、犯罪や思わぬトラブルに巻き込まれるケースもあります。
・消費者への注意についてークレジットカード会社は、換金を目的とするクレジットカードの利用を認めていません。このことは、規約違反として、「残金の一括請求」、「カードの利用停止」、「カードの強制退会」等のぺナルテイを受けることにもなるのです。
くれぐれも、クレジットカードのショッピング枠の現金化には手を出さないようにしましょう。

クレジットカードの現金化メリット・デメリットを比較

読了までの目安時間:約 3分

 

クレジットカードを現金化するにはいくつかの方法が存在しています。
ここでは、3種類の現金化の方法についてそのメリット・デメリットを見ていきたいと思います。

クレジットカードの現金化方法
1.物品の転売
クレジットカードの商品枠を使用して品物を購入し、その品物をリサイクルショップ等に売る方法です。
換金率の高い最新のゲーム機や流行のブランドバッグ等が品物に当たります。
メリット
・小額のお金が欲しい時にはゲーム機1台を転売すると済むので、簡単にお金が手に入ります。
・発売直後のゲーム機が非常に人気となり、プレミアがつくと購入時よりも高い価格で買い取りをしてもらえる可能性があります。
デメリット
・換金率が低く、良くても80%、一般的には60%かそれ以下になっています。
・お店によっては安い金額でしか買い取ってくれないこともあります。
・ブランドの商品は流行り廃りが激しく、市場の調査をきちんとやらないと大きな損害を出してしまう可能性があります。

2.金券の転売
クレジットカードのショッピング枠を使用して、金券やギフト券を購入し金券ショップ等で売る方法です。
図書券、百貨店等の商品券、テレホンカード、お米券や新幹線の回数券等が金券に当たります。
メリット
・換金率が高いのが大きなメリットになります。
図書券が90%以上で買い取られているのを始め、様々な金券が90~95%で買い取られています。
デメリット
・利用停止になる可能性が非常に高いです。
カード会社はカードの現金化目的での利用を禁止している為、特に現金化に利用されやすい新幹線の回数券等は疑われる可能性が高い。

3.キャッシュバック方式
クレジットカードのショッピング枠を使用し、専門業者を介して指定された商品を購入しキャッシュバックとして現金を受け取る方法です。
ショッピング枠で商品を購入したら、キャッシュバックとして現金を受け取るということになります。
メリット
・還元率が1番高くなっている。金券には及ばないものの、物品転売よりは遥かに還元率が良いです。
・転売には当たらない為、罪に問われる可能性がありません。
・利用が簡単で、全てオンラインで作業が終わる為、お店に行く必要がありません。
デメリット
・悪徳業者である危険性があります。大手のような実績のある会社を選ぶ事が悪徳業者は避ける事が出来ます。

正しい手順を踏み、きちんとお金を得られるようにしましょう。

クレジットカード現金化の不安とメリット

読了までの目安時間:約 3分

 

クレジットカードの裏技ともいうことができるかもしれないカードを使っての現金化というサービスは多くの人にとってはあまり効いたことがなく、その説明を聞くと大丈夫なのか、あるいは違法ではないのか、信用できるのか、そんな声が聞こえてくることがあります。このクレジットカード現金化というのは、自分が持っているクレジットカードのショッピング枠を利用するものであり、そのサービスの業者が提案するものを購入して、その商品を業者に売ることで、現金を手にできるというものなのですが、業者に騙されてしまうのではないか、あるいは購入したものの振振込まれないということはないのか、そんなことを心配することがあるのです。

実際にはクレジットカード現金化というのは違法なものでもなく、信頼できる業者はたくさんありますので、利用することに関しては問題がありません。ただ現金に関わることですのでより信頼できる業者であれば取り引き実績のあるいわば老舗の業者を利用するとより安心感があるかもしれません。それを見分けるのはインターネットのホームページや口コミといったものになりますが、時間をかけて見ていくことができるでしょう。そして換金率の高いところがあれば、より多くの現金を手にできるということになりますので嬉しいかもしれません。

ではこのクレジットカードの現金化はどのようなときに利用したいと思うのでしょうか。それはお金に困ったときですが、消費者金融からの借り入れはしたくない、あるいはすでにもう複数の業者から借り入れているのでこれ以上は厳しいという状況のときには助けになることでしょう。また、お金を借りることに関して業者から借りると、審査がありますし、借り入れの記録が残ってしまいますので、そうしたものを懸念することがあります。クレジットカードで現金化ができれば、そうしたことが一切なく、現金を手にできるというメリットがあるので、利用価値は確かに高いのです。