クレジットカードの現金化メリット・デメリットを比較

クレジット現金化即日比較 – おすすめ人気業者なら

クレジット現金化即日比較

クレジットカードの現金化メリット・デメリットを比較

読了までの目安時間:約 3分

 

クレジットカードを現金化するにはいくつかの方法が存在しています。
ここでは、3種類の現金化の方法についてそのメリット・デメリットを見ていきたいと思います。

クレジットカードの現金化方法
1.物品の転売
クレジットカードの商品枠を使用して品物を購入し、その品物をリサイクルショップ等に売る方法です。
換金率の高い最新のゲーム機や流行のブランドバッグ等が品物に当たります。
メリット
・小額のお金が欲しい時にはゲーム機1台を転売すると済むので、簡単にお金が手に入ります。
・発売直後のゲーム機が非常に人気となり、プレミアがつくと購入時よりも高い価格で買い取りをしてもらえる可能性があります。
デメリット
・換金率が低く、良くても80%、一般的には60%かそれ以下になっています。
・お店によっては安い金額でしか買い取ってくれないこともあります。
・ブランドの商品は流行り廃りが激しく、市場の調査をきちんとやらないと大きな損害を出してしまう可能性があります。

2.金券の転売
クレジットカードのショッピング枠を使用して、金券やギフト券を購入し金券ショップ等で売る方法です。
図書券、百貨店等の商品券、テレホンカード、お米券や新幹線の回数券等が金券に当たります。
メリット
・換金率が高いのが大きなメリットになります。
図書券が90%以上で買い取られているのを始め、様々な金券が90~95%で買い取られています。
デメリット
・利用停止になる可能性が非常に高いです。
カード会社はカードの現金化目的での利用を禁止している為、特に現金化に利用されやすい新幹線の回数券等は疑われる可能性が高い。

3.キャッシュバック方式
クレジットカードのショッピング枠を使用し、専門業者を介して指定された商品を購入しキャッシュバックとして現金を受け取る方法です。
ショッピング枠で商品を購入したら、キャッシュバックとして現金を受け取るということになります。
メリット
・還元率が1番高くなっている。金券には及ばないものの、物品転売よりは遥かに還元率が良いです。
・転売には当たらない為、罪に問われる可能性がありません。
・利用が簡単で、全てオンラインで作業が終わる為、お店に行く必要がありません。
デメリット
・悪徳業者である危険性があります。大手のような実績のある会社を選ぶ事が悪徳業者は避ける事が出来ます。

正しい手順を踏み、きちんとお金を得られるようにしましょう。

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: